初心者向けのアドバイスや悩みごとの解決方法がわかります

大胸筋下法の特徴

カウンセリング

貧乳の人におすすめの豊胸手術

技術や知識が高いいわゆる名医と言われるドクターが多いと言われているのが、銀座エリアにある美容外科クリニックです。日本の首都でもある東京都でも有数のセレブエリアということもあり、腕の良いドクターが在籍する美容外科クリニックが多いのです。美容外科クリニックでは様々な美容整形が行われていますが、銀座エリアのクリニックでは「豊胸手術」を希望する女性も少なくありません。豊胸手術は銀座だけでなく全国的に人気の美容整形で、バストにコンプレックスを抱える女性が施術を希望します。豊胸手術といっても術式は様々あり、その中でも最もバストのサイズをアップできるとして人気なのが「シリコンバッグ挿入法」です。シリコンバッグ挿入法は人工シリコンをバスト部分に挿入し、バストのサイズをアップする効果を発揮します。人工シリコンの大きさによって2カップから3カップほどのバストアップが期待でき、バストのサイズにコンプレックスを抱える女性の悩みを解消できます。シリコンバッグ挿入法の場合、人工シリコンを挿入する位置によって術式がさらに分かれており、特に貧乳で悩んでいるという人におすすめなのが「大胸筋下法」です。大胸筋下法は大胸筋という乳腺の下にある筋肉を剥がして、その下にシリコンバッグを挿入するという術式です。様々な術式があるシリコンバッグ挿入法の中でも、人工シリコンがバスト部分の最も下に入るのが大胸筋下法となっています。大胸筋下法でも大き目サイズの人工シリコンを選べば、3カップと大幅なバストアップは夢ではありません。

大胸筋下法はシリコンバッグ挿入法と言われる豊胸手術の中でも、ポピュラーな術式ということもあり、銀座エリアの美容外科クリニックでも多く行われています。銀座の美容外科クリニックでは様々なシリコンバッグ挿入法が行われていますが、この大胸筋下法がおすすめなのは貧乳で悩んでいる女性です。あまりバストに脂肪がついていない人がシリコンバッグ挿入法を行うという場合、人工シリコンを挿入する位置によって不自然な仕上がりになることがあります。例えば乳腺のすぐ下にシリコンを入れる乳腺下法という術式はバストの浅い部分にシリコンを挿入するのが特徴です。この術式だと痩せ型でバストの脂肪が少ないケースだと、挿入した人工シリコンが浮き出て見えたり、シリコンの段差が目立つなどのリスクがあるようです。一方、大胸筋下法はというと乳腺と大胸筋という筋肉の下にシリコンを入れるので、バストの脂肪が少ない人でも筋肉がシリコンを覆って挿入したシリコンが目立ちにくくなります。Aカップという人でも大胸筋下法であれば、バストに入れたシリコンが目立たずに自然な仕上がりになるのです。さらに大胸筋下法はシリコンバッグ挿入法で注意しなければいけない、カプセル拘縮やリップリングといった後遺症も目立ちにくいと言われています。人工シリコンを入れる豊胸手術は触り心地が不自然というイメージがあるかもしれませんが、大胸筋下法の場合は手触りは比較的良いというメリットもある術式です。Aカップからシリコンバッグ挿入法で美乳を目指すのであれば、バストに脂肪が少なくても自然な仕上がりとなる大胸筋下法がおすすめと言えます。